うつ病はポピュラーな病気?

ここ数年、うつ病に関する話をわたしの周りでは多く聞きます。

世間一般でも、よくある話になってきていますよね。

以下は個人的な感想です(^-^)

職場ではかなり多い

先日も、職場の同じ部門内で働いていた女性(30代)が、心の病ということでしばらく病欠になるという案件がありました。

もともと、心の病持ちで以前の勤め先を退職し、回復したのでうちの会社に途中入社したそうですが、結局再発・・・。

その事情を最近まで知らず、やけに突発の休みが多い人だなあと思っていたのですが、やはり心の問題でした。

途中入社でこのパターンは非常に多いです。

わたしの部門だけで(ここ数年で)3人目です。

もちろん、途中入社でなくてもいます。

うちは、ほとんど毎朝、多ければ何十人も集めての朝礼があるのですが、「うちの係長は心の病で朝礼ができない。だから朝礼ってどうやるのかわからないんだよね。見本が無いから。」という話も聞きます。

噂話ではなく、普通に研修中に取り交わされた会話です。

こういう会話が悪気無く普通にされるようになったというのも、時代の変化なのかもしれないですね。

短期間で職を転々とせざるを得ない

会社によって違うと思うのですが、うちの場合は人事と相談して、数か月の休職の後、短時間勤務(4時間勤務~)から復職、様子を見て少しずつ時間を増やす・・・などかなり理解がある会社だと思うのですが、それをしても辞めていく人が多いです。

会社としては、人手不足の今、なんとかして働いてほしい気持ちが強く、手厚くしているのではないかと思われます。

うちの旦那も職を転々として、ありとあらゆる仕事を経験していますが、やはり続かないですね。

働かないといけないという気持ちは強いのに、それに反して働ける状態ではない実情、余計にプレッシャーがかかる、悪循環ですね。

周りの反応

今回の女性が働いていた係は少人数で、総勢4人でした。

その一人がいなくなってしまうわけです。

人手不足のため、人事からすぐに人を回してもらうことができません。

休職の場合は席があるままなので、なおさら補充はありません。

ものすごい負担増です。

病気の本人も辛いですが、周りも大変です。

心の病に対する知識も気持ちもわからない人がほとんどなので、反応は冷たいですね。

職場でできること

もともと病気を持っている人でなくても、病んでしまう人は多いです。

わたしの係でも、新入社員と2年目の女性が二人いますが、かなり対応には気を使っています。

  • コミュニケーションをしっかりとること
  • きちんと休ませること
  • 無理をさせないこと

とにかく話をします。

何か困っていることはないか?

悩んでいることはないか?

これに早めに気が付けるかがポイントです。

甘やかしていると感じるかもしれませんが、我慢することはよくないです。

若い人の場合は、いくらでも再就職ができるので、どうしても今の職場が合わない場合は、他の会社を進めることもあります。

ただ、どこに行ってもある程度のストレスや試練はあります。

なので、ストレス耐性を育てることも重要なのですがね。

加減が難しいです。

優先順位は自分が一番

会社(仕事)より家族、会社(仕事)より自分の命のほうが大事です。

ただ、生きていくためには働かないといけない。

そのために折り合いをつけて、何とか頑張って働いている人が多いのではないでしょうか。

うちの旦那は、結婚する前は生活保護を受けている時期もありました。

働くことができない人は、生活保護を受けるというのも手段の一つです。

今はひどい状態からは脱して、毎日ではないですが少し働ける状態になり週2日ほど働いています。

生きていることが大事です。

貧しくても何とか生きていけます。

これからも、つつましやかに生きていきます。

最新情報をチェックしよう!

だんなのうつの話の最新記事8件

>みみたんの紹介

みみたんの紹介

CTR IMG